業者になぜ依頼するのか

印刷機

チラシやフライヤー、ポスターなどの印刷をするときに、神奈川では社内で行わずに業者に依頼するケースが目立つようになっています。外注に注目が集まっている理由として挙げられるのが、業者が増加したことによって価格競争が起こり、安く印刷を依頼できるようになったことです。業者数が多くても相場が決まっていて料金が硬直状態になっているとあまり安くはなりません。しかし、インターネットサービスによるコスト削減を実現する業者が登場するなど、価格の変動が起こるようになりました。特に部数が多い場合には業者に依頼してしまった方が安上がりになることすらあるのが現状で、依頼する側もコスト削減を目指して業者を利用するようになっています。

本当に費用は安いのか

神奈川での印刷の外注は本当に安上がりになるのかというのが気にかかる人もいるでしょう。費用相場がどのくらいかは印刷物の種類や色数、使用する用紙などによっても異なりますが、例えばモノクロで片面印刷のチラシであれば一枚の単価が1円から5円くらいです。フルカラーで片面印刷のチラシでは単価が2円から6円、両面にするとモノクロで2円から8円、フルカラーで3円から10円が格安業者における相場になっています。このような価格の幅があるのは印刷部数や納期によって価格が異なるからで、数万枚という大ロットで注文し、納期を一週間以上のように長めに設定すると安くすることが可能です。

安くても評判は大丈夫なのか

あまりにも安いサービスとなると品質は問題ないのかが気にかかりがちです。確かに神奈川で繰り広げられてきた価格競争ではインクや用紙をより安いものにするというアプローチも取られてきたので、品質の低下を招いているリスクがないわけではありません。しかし、見た目ですぐにわかるような品質の違いがあればユーザーも離れていってしまうのは明らかでしょう。そのため、安いインクなどを使用している業者であっても、他のものと同等の仕上がりになるものを厳選しているので心配はありません。安かろう悪かろうにならないように印刷業者の方も使用する素材を慎重に吟味しているのです。実際に利用してきた企業や個人からの評判も高く、価格が安いのに十分な品質の印刷物を納品してもらえるという定評があります。その評判がインターネットなどで共有されている影響でますます人気が高まり、印刷は外注するという流れが生まれてきているのが現状です。

広告募集中